投資資金が足りない

どこにでもあるFX投資の教科書では「差損が生じた状況ではナンピンをすることでポジションの平均をコストを小さくする事が出来る」等と書かれていたりする事もありますが、実際にはこれは相当大きな罠が隠れています。

 

ナンピンのやり方についてごく簡単に述べておきます。

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとします。

 

ドル買いということで、円安になるほど儲けを得られますが思い通りに行かず95円まで円高・ドル安が進んでしまった。

 

その状態でポジションを維持し続けたらマイナスをなくすためには、マイナス分円安ドル高に向う必要があります。

 

みんな、赤字は早く取り戻したい願います。

 

ここではじめに注文したのと同じ分の$(ドル)を、1ドルを95円で売買します。

 

そうすると、ポジションの価格は97円50銭まで抑える事が出来ます。

要するに、2.50円の幅でドル高に推移すれば、損失を回復できる。

 

この流れがナンピンの方法です。

 

このような、ナンピンのロジックを目にすると「納得だ」という風に思うがマーケットは易々と上手くはいきません。

 

初めから、95円が底だということなど誰も分かりません。

 

もしも、マーケットが強い円高地合だったら1ドル95円では下げ止まらずに円高ドル安に向う可能性は高いです。

 

一例として、97円50銭でナンピン買いをしたとしても、1ドル95円までドル安が速んだらナンピン買いした分にも、差損が生じます。

そういう状況では最初に注文したドルと合わさって二重の損失が生まれる事になります。

このように、ナンピン買いは難しいのだ。

 

であるなら、市場が自分の物語とは別の方向に素早く進んだ場合どういった手法で危険の確率を回避すればいいのでしょうか。

 

こういう状態で選ぶべき対策は2つしかありません。

 

まずひとつめは執着しないで、損失を確定する事です。

もうひとりは現在、あなたが持っているポジションを少なくする事によって為替相場が回復するのを黙って待つ事です。

相当消極的なFXだと感じる投資家もいるだろう。

 

だけど、買いポジションにマイナスが生じた場合効果のある手法はこの2つ以外にはありえません。

 

考え方としては、ナンピンをしてみる手段も有効です。

 

けれどもナンピン買いはあなた自身がマイナスになっている状態でポジションを整理するどころか反対に買いポジションを重ねていく方法である。

 

この手法では、危険性を制御することなど、とてもやりようがないと考えるべきです。

 

ナンピンを続けられれば最終的には勝てるかもしれない。

 

でも、その前に投資資金が足りなくなってしまいます。