比較的新しいルール

民事再生という手段は住宅ローンなどを含む多重債務の問題に困っている債務者のために住居を維持したまま金銭的に立ち直るために法的機関を通した借金整理の方法として平成12年11月にはじまったルールです。

民事再生は、破産手続きみたいに免責不許可となる要件がありませんので散財などで債務が増えた場合においても民事再生は問題ありませんし自己破産により業務できなくなる可能性のある業種で仕事をしている方でも制度の利用が行えます。

 

破産の場合だとマイホームを対象外にすることはできませんし、他の債務処理方法では圧縮した元金を完済していかなくてはなりませんので、住宅ローン等もある一方で払っていくことは実際問題として難しくなるでしょう。

 

民事再生という手順を取れれば、住宅ローンなどを別とした借金は相当なお金を減額することが可能なため余裕をもって住宅ローンなどを払い続けながら借金を支払っていくようにできるということになります。

 

しかし、民事再生による整理は任意整理による処理特定調停といった手続きとは異なり一部の借金だけを切り取って手続きしていくことはできませんし破産の際のように債務自体が帳消しになるということではありません。

 

さらに、他の解決策と比較してある程度こみいっていて手間もかかりますので住宅ローンを組んでいてマイホームを手放したくない状況など以外の、破産手続きなどのそれ以外の方法がとれない際における限定された手段と見ておいた方がいいでしょう。